logo

注目の外国投資の制限・禁止分野の外資出資比率80%上限を49%上限にするトラ・シュエ・マン下院議長の提案は3月18日、下院で採決されないまま、連邦合同議会に諮られた。

連邦合同議会は、USDPのキン・シュエ、ウィン・ミン両議員が49%にすべきと提案、これに対しNLDの3人の議員ともう一人の野党議員が80%上限を修正する必要なしとの意見を述べたのち、採決に入り、賛成多数でトラ・シュエ・マン議長の提案は葬られた。25%の軍人議員の票がここでも重要な役割を果たした由。
ちなみに、軍人議席を除く下院の議席数は330、上院の議席は168で、連邦合同議会では下院が圧倒的に有利だが、軍人議席166名の行方が票の行方を握っている。