logo

協力者であるコンサル会社Key Idea Spectrum社のSoe Myint氏(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)がミャンマー語の新聞から記事を厳選し、翻訳したものを掲載します。

シュエリー水力発電所、フランス企業と協力

北シャン州にある生産電力1,050メガワットのシュエリーNO.3水力発電所が、フランスのElectricite De France S.A(EDF; Electricity of France)と協力するため、覚書を2015年12月18日に調印した。

最初政府は独自で2010年度から建設していたが、現在までの5年で同計画の9.92%しか完了していない(年間2%の建設)ため、フランスのEDFと協力することになっていると電力省の担当者がThe Daily Elevenの取材に答えた。

ミャンマー側が51%を投資し、2019年度に完了する予定である。

出所:The Daily Eleven Newspaper,2.1.16

 

 

国内の移住人口は10万人以上

国内での移住人口は116万2千人いるとWin Myint入管管理・人口省副大臣が語った。

ヤンゴン地域では、1990年ごろの移住者は4万4千人ほどしかいなかったが、現在は50万人ほどいる。
移住者が多いのはラインタヤー郡区の10万人以上で、2番目はダゴン・セイッカン郡区である。

ヤンゴンの人口増加率は0.7%であるが、移住者が多いため、実際には2.3%となっている。

出所:The Daily Eleven Newspaper,2.1.16

 

 

カチン州の官僚等を取り調べ

カチン州パカンでのルビー採掘や、建機問題などの件でカチン州の大臣、秘書と州の国家計画経済開発省大臣を北部の軍地で取り調べている。

ルビー採掘のためには以前は深さ200フィートから300フィートまでと決定しているが、実際は深さ500フィートから1,000フィートまで採掘しており、建機の輸入も880台と決められているが、実際には何倍か多い。

また、50か所で山が削られてなくなるなどの自然破壊が進み、洪水、気温の上昇などが発生している。

出所:The Daily Eleven Newspaper,2.1.16

 

 

ラカイン州でメタンフェタミン押収

ラカイン州ドラッグ

12月31日に押収したWYブランドのメタンフェタミン

ラカイン州のButhitaung市とMaungtaw市で、12月31日にメタンフェタミン140万錠(価格的に28億チャット(約2億8,000万円)を押収した。

しかし、犯人は捕まっていない。

出所:http://www.rfa.org/burmese/news/maungtaw-wy-amphetamine-apprehended-01022016113843.html;2.1.16

 

 

Telenor、以前のSIMカードから新高速度SIMカードへ無料交換

Telenorは現在使用しているSIMカードから技術の高いSIMカードへ無料で交換することが分かった。

USIMという新しいSIMカードは、現在使用しているSIMカードよりも安定度が高く、通話とインターネット速度も以前よりよくなる。

出所:The Daily Eleven Newspaper,3.1.16

 

 

ミャンマー最大、国際的にも大規模なガス田

ミャンマー歴史上で最も大きく、国際的にも大規模なガス田である、Shwe Yi Tun No.1ガス田は、MPRL E&Pが20%、Woodside(シンガポール)が40%とTotal E &Pが40%で投資している。

同ガス田の国内投資企業であるMPRLE&Pが2007年に調査し、大規模なガス田が見つかったことから、2015年末にWoodsideとTotal E&Pが投資している。

出所:The Daily Eleven Newspaper,6.1.16

 

 

泰緬鉄道博物館、開館

泰緬鉄道博物館 泰緬鉄道博物館2

泰緬鉄道博物館の様子(Photo:J Maung Maung-Amarapura)

泰緬鉄道博物館が1月4日に開館した。

第二次世界大戦中に建設した、泰緬鉄道(ミャンマー側ではTheinpyuzayatとタイ側ではBang Pongまで)は175マイル(280キロ)の長さがあり、この鉄道を建設するためにミャンマー人と外国人16万人を使役させた。

建設中、ミャンマー人8万人と外国人(捕虜の軍人)1万人が死亡した。

出所:http://www.7daydaily.com/story/54810;4.1.16

 

 

今年の米輸出量、100万トン

2015年の米輸出は100万トンであり、輸出の90%は国境貿易であるとU Ye Min Aungミャンマー米協会書記長が12月30日にメデイアへ語った。

80%は中国・ミャンマー国境であるムセから中国へ輸出されている。

出所:The Daily Eleven Newspaper,1.1.16

 

 

2016年石油・ガスの生産目標

12月22日、国家計画・経済発展省は2016年には天然ガスを6,898億立方フィートと石油515万バレル(民間の生産量1.121万バレルを含む)を生産すると発表した。

また、Kan Zaw同省大臣は4兆9,000億チャットのエネルギー生産を目標にしていると語った。

出所:http://www.mizzimaburmese.com/article/8863;22.12.15

 

 

韓国がカレン族の難民を受け入れ

タイ・ミャンマー国境に住むカレン族の難民22名を韓国が受け入れると韓国のYonhapニュースで述べている。

この難民の人々には居住のできるF-2ビザを発行する。

韓国は2017年までにミャンマーからの難民を毎年30名受け入れることを国連と調印しており、今回はその第一段階である。

出所:http://www.rfa.org/burmese/news/residence-karen-refugees-12232015221033.html;23.12.15

 

 

ミャンマーの民主化発展をFreedom Houseが称える

米国のFreedom Houseが発表した2015年の民主化と人権に関する報告書では、ミャンマーが1960年以降初となる民主的な政府を結成することを称えた。

ミャンマーではスーチー氏のNLDが選挙で圧勝し、民主化が発展する期待が高まっている。

出所:http://www.rfa.org/burmese/news/freedom-house-praises-myanmar-democarcy-progress-12172015211923.html;17.12.15

 

 

EUがミャンマーに7,000万ユーロ支援

12月21日、EUはミャンマーに食糧の自給、法整備、和平プロセスに対し、7,000万ユーロを支援すると発表した。

貧困対策、食糧自給に対して2,000万ユーロ、法整備に3,000万ユーロ(この計画には以前から支援している警察への訓練も引き続き含まれている)、和平プロセスに対しては2,000万ユーロを支援する。

出所:The Daily Eleven Newspaper,19.12.15

 

 

ホテル・観光分野の人材育成に日本、ミャンマーが覚書調印

12月21日ネーピードーで、ホテル・観光省と日本が3か年のホテル・観光分野の人材育成計画の覚書に調印した。

覚書にはHtay Aungホテル・観光省大臣と日本のTokyo Metropolitian Assembly Federation for Japan-Myanmar Friendshipが調印した。

出所:The Daily Eleven Newspaper,23.12.15

 

 

アヘン栽培農家への罪人扱いを止めるようTNIが注意

シャン州アヘン農家

シャン州のアヘン栽培農家

世界第2位のアヘン栽培地域の農家を罪人扱いすることは、アヘン栽培削減には効果がないため止めるようにとオランダのTransnational Insititute(TNI)の報告書で述べている。

それよりも、アヘン農家に代替策支援への参加促進をした方が良いとも述べている。
アヘンを栽培している農家は、他の農産物を栽培しても販売する市場がないのが大きな原因で、生計を立てるために仕方がなく栽培しており、この農家を政府が犯罪者として扱うことは解決にならないと述べている。

ミャンマー政府は2019年にアヘン根絶を目標にしているが、アヘン代替策の計画が本格的になっていないので、目標達成が困難であると述べている。

もう一つの大きな原因は紛争であり、農家は他の農産物を栽培しても市場へ行くのが治安上困難であるが、アヘンなら購入者が村まで来て購入している。
そのため、農家はアヘンに代わる作物栽培に興味がない。

出所:http://burmese.voanews.com/content/burma-tni-opium-farmers-reoprt/3103275.html;15.12.15