logo

協力者であるコンサル会社Key Idea Spectrum社のSoe Myint氏(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)がミャンマー語の新聞から記事を厳選し、翻訳したものを掲載します。

北シャン州にある生産電力1,050メガワットのシュエリーNO.3水力発電所が、フランスのElectricite De France S.A(EDF; Electricity of France)と協力するため、覚書を2015年12月18日に調印した。

最初政府は独自で2010年度から建設していたが、現在までの5年で同計画の9.92%しか完了していない(年間2%の建設)ため、フランスのEDFと協力することになっていると電力省の担当者がThe Daily Elevenの取材に答えた。

ミャンマー側が51%を投資し、2019年度に完了する予定である。

出所:The Daily Eleven Newspaper,2.1.16